おいり

おいり

おいりとは、香川県西讃地方や愛媛県東部に伝わる和菓子で、餅米から作られる「あられ」の一種。「おいり豆」とも呼ばれる。
原材料は餅米。餅菓子(あられ)であり、色は桃色、緑、白、空色、紫、オレンジなど様々である。一般的なひなあられの風味に似ているが甘さ控えめ。
 

嫁入り道具

嫁入り道具”の一つで、全国でも他の地域には見られない独特の風習
「おいり」の始まりは江戸時代。天正15年(1587)、讃岐国丸亀城主に初代生駒親正公が任命され、親正公のお姫様がお輿入れをなさる際に、領内の人々がお祝いに五色の煎りもののあられを献上したところ、たいそう喜ばれたといいます。
それ以来、丸亀をはじめとする香川県の西讃地区の婚礼には、おめでたい「煎りもの」であり、「嫁入り」の意味をあわせた「おいり」が定着したようです。



結婚式の引き出物

「心をまるく持って、まめまめしく働きます」 との意味があり
婚礼の際、お嫁さんのお土産として配ったり、引き出物にも贈られる品だそうです。
新婦を見る為に集まって来た近所の人々や子供達に“幸せのおすそ分け”としてこのおいりが配られます。

作り方

餅米を一晩水に浸し、蒸して砂糖を混ぜて石臼でついてまず餅をつくります。つきたての餅に米糠をふり、熱いうちに麺棒で手早く平らに伸ばし長さ約三メートルの生地をつくります。これをすぐに屋外に広げて天日にさらして乾燥させます。季節や天候によって二、三時間から一日ほどで生地が乾いたら、五ミリ四方のさいのめに切り、再び乾燥させて釜で煎ると、一分もしないうちに四角い生地が丸-くふくらんできます。これがおいりの原型となり、完成までにはなんと一週間もかかります。